hanakodo@sentence

✄✄✄✄✄✄✄

蛇足ですが、ファンクミュージック界の巨匠、ジョージ・クリントンのコメント。
「ヒップホップの連中が俺たちの音源をさかんにサンプリングしているけど、光栄なことだと思うよ。著作権がどうのこうのというのはレコード会社の連中の言い草だよ。だいたい、そんなことを言い出したら、俺たちはみんなジェームズ・ブラウンのパクリじゃないか」

思考のアプローチを意識的に変えてみる。最初に考えるテーマは、「この怒りは本当に必要なのか」ということだ。怒りはデメリットの多い感情。最終手段だ。本当に、本当に必要な時だけ、発動を許可しよう。

ı̶̆̑ͪ̋͗̑̉̏̾͐ͣͤ̆͊̿̎ͮͬ̚͏̸̢̥̮̤͉̱̬̺͕͈̹̞̣̀ͅ ̵͗ͯ͗ͥ͊́́͐̎ͪ̎͊̍̆̾̾̾̈͟҉̲̜̠͚͇̗ʍ̢̫̝͔̜̥̲̤̯̆̂ͧ̋ͤ̅ǝ͋͌̎ͦͥ̍̐ͮ̓̓͊͏̬͚̥͙̬̱̦̗̻̻͜͡ǘ̖̻̪̲͍̦̪̼̞̩͔̯̳̌͂̑̀͞ʇ̵̡̝̮̲̼̻̭̹̜͇̱͔̝̜̗͓͓̘̭ͨͯ̐̔ͨ͌̓̈́̆͌ͦ́͗̎ͮ̕͟͞ ̤̱̰̼̱̰͈̥ͬ̈̓̌̔̓ͥ̔̾̄́͝͞ͅʇ̧̩͔̞̭̩̹͔̘͚̘͖̮̠ͦ̍̽ͯ̒̐̊̒̓͆̊̐̂ͥ̒̔ͧ͑̏͘͜͡ͅo̫͖͖̦̞͚͉͍̫̖̭̰̳̥͋ͤͨ̐̾̔ͫ̈̔̈͌́͌̀̕ ̛̫̝͇̙̣̦͚̠̮̰͕̳ͦ̍̀̈́̆ͮ̓͐́̚͜͠ɔ̒͑ͫ̊͗̔ͮ͒́͐ͬͦ̅̍̽͏̷͎͚͚̭̭̼͔̪͈͇̖̜̯̙͖̘́̕ɥ̡̝̗͚̞͈̩͇͙͔̩̳̙̦̫̤̜̭̰̤̌́ͧͦ̚͟nͨ̆̌̔ͩ̓ͫ̄̎̍̐͏̲͈̼̙̯͔̳͍̤̺͜ɹ̶̼͉͙̙̲̹͈̗̯̟̗̥̻͓͈͂͆̾ͯ͐̃̿̓̾͐̄ͤ̅̄̌̽ͤ́́͘͢ɔ̸̦͔͈̩̳͙̹̗͇̟̳̙͎̙̼̝̂͛́ͣ̄ͨ͒̍̔̌ͥͬ̈́̚͜ɥ̒ͭͫͧ̀̃ͨ̇͒̈́̄́͏̢̝̺͚͡ͅ ̧͖͈͕͈ͤ͆̐̌ͪ̋̃ͤ̚͘͢ʇ̵̨͔̖̫̬̻͚͈͉̗͈͓͚̤̞̥͛͊̆ͪ̌ͬͨ̉̊̑̇̈́͐̇ͧͨͫ̑͡o̷̭̩̘ͥͭͧ͒̆ͫͪ͗̈͂͆̔̒̽ͨͨͭ͜ṗ̡̬͙̺̪͎̱̼̅̇͌ͬͭͧ̔̚͟ͅɐ̸̨̢̩̫͓̖̟̞̝̫̤̩̔ͪ̎ͩ͆̾̌̃ͨ̄̔̊ͤ͂ͦͩ͜ʎ̧͒͐ͫ͐ͥ҉̰̫̙͉ ̸̛̤̟͚̲ͥ̄͐͋̀̕ʇ̵̾̃ͫ̾ͧ͆̔̋ͧͦ̿͗̿́̚͝͡͏̹̮͈͔̖͙͉̳̱͙͔̟ǫ̷̴̧̳͉̟̯̞̟̦̞̦̙̤ͮͣ̊̓̀̉̚͠ͅ ͖͎̝̟̭̹̾ͫ̌͊ͮ̒͐̆ͤͫ̈ͣ̊̌͗ͮ̎͂͡ͅɔ̨̛̟͔̗̫ͯͦ̔̃̽͌́͝͡ǝͯ̈́ͣ͌̒̍͘͏̨̱͈͎͍̣͔̳ן̷͓͚̟̹̤̼̘̰̝̰͂ͩ̓̋̍͐͌ͦ̚͞ǝ̵̨͕̯̝͉͇̯̬̥̥̦̪̗̣̘̗̖̰͊ͣ̐̔̑͛͌ͩ͌̚ͅͅq̸̢̿̈́ͫͥ͏̸͔͔̝̥̤̥̯̗̝͙͎̬͖̥̣̱ɹ̧̬̟̯̦̀ͫ̃ͤ̔ͪ̈ͣͤͮͫ̎̋ͭͬ͗͠ɐ̸̷̱̲̫͉̮͚͉̯̩̙͗ͫͬ̑͗͂͋̏̂̉̀͒͑̉̂ͦ̎̓͡ʇ̸̶̢̢̛̺̭̙̠͈̒͗ͩ̃̈̌͊ͩ̒̐ͣͦ͊ͫͨͭͯ̚ǝ̶̦͚͓͖͉͙̞͚̦̣̱͈̙͎̭ͭ̾͐͌̔͐̍͐͐͟ ̷̷̨̨͙̹̫̬̠̺̫̦̱̥͖͓͙͎̙̐̇ͭ̃̿ͧͅͅʇ̸̧̞̰̩̣̓͊ͤͭ̊ͪ̈̇̀͝ɥ̶̂͗̄̏̎ͮͫ̂ͦͣ̈́̅͆͆̀̓͌̽̚͘͏̳̪̲̟̦̟͉̮͎̜̹̲̯̪̳͘ͅǝ̨̳̭̪̱̻͙͔̮̯͉͙̫̠̬̦̘͈ͧ͂͐̄̃͑̒̄̅͊̆̊̌̂̈̿̆̒̊͜ ̴͈̳̜̮̳̫̖̥̙̘̮͎͎̻̊̽̇͆͂̀̽̿͗ͪ̽̊̿͆̒͑ͣͤ̌͜͟͡ͅ5̶̛̺͇̤̫̦͈͙͍̝̤̱̲̦̪̲̉̔̄ͨ̏ͭ͋ͩ̾͊̾ͩ̅̐̚̚ͅ0̵͔̼̫̪͍̥͉̦̗̲̍ͨ͗̿̎͒̏̉̑͆͒̅ͧ͂̿̈́̓̀̚̚ͅʇ̷̴̸̢͓̘̤̦̞̣͂͐̊̅ͥ͋̑̉͒͊̓̊ͪ̍ͪ̊̓ͩɥ̨̼͔̳͍̪͙͎̞̺̌̓͂̈͛̐͛̀ͅ ̸̷̸̜̠̞͕̹͙͔̃̓̈́̀ͯ͗̏̓͌̊̽̑̚̚͝ɐ̶̨̡̛͍͓͎̟͔͎̬̾͐ͨ͗ͦͭ̏ͨ̂͒̅͐̕u̷̡̓̅̊̌̚͘͢҉̝͔͇̳̙͔̪͉̘̱̣u̙̤̭̪̺͇͇͓̗̥̙̪̖̣ͩ̃̄̿̒̀̀́͘͜ͅı̛͆ͩ͗̃̐ͮͬ̌͆̎ͯͬͫ̓̒ͭ̀͠͏̜͇̦̫͙̭̠͟ͅʌ̪̜͇̟̯̲̗̩̙͇͉̹͍͇͋ͨ̒̍͒ͮͩ̌ͪ̈́̋͌̃̆͑̚͘̕͞ͅͅǝ̛̑͌̓̇̓̇̆̋ͪ̇͑̑̓̈̅͆̔ͥ͏̠͔̳̳̦ͅɹ͌ͯ̍ͦͣ̋͏̦͍͔̹̻̘͓͟s͛ͥͪ̅̂̄ͯ̽̎͢͞͏͈̖͚̮͍͇̤̜̜̬̞̭̺̞ͅͅɐ̵͈͓̙̙͓̤͖̩̪̓ͥ̅̐ͯͫͫͪ̾̇̓͘ɹ̶͉̜̪̯̮̩̰̮̗͔̙̹̖̙̣̪̓̊̂ͬͥ̓͒̃ͯͫ́ʎͮͮͪ̏ͯ̎͆͑͒ͫ͊͌҉̶̦̖͚̲͙͘͢͡ ̨̧͚̠̗̪͔̰͓̥͙͙̭̹̰̹̳͉͋́̽̇̃ͯ͝ŏͪ̑̓́͒͌͛ͪ̿ͥ̚͟͝҉̨҉̮͖͕̩͓̪̹͙̦̫̩͎̼͇ͅɟ̷̸̵͓͔̰͓͔͙̯̼̻ͮͮ́ͭͯ̓͞ ̵̸͖͍̥̞̙̖̪̜̻̩͙͓̺͍̟̿̓͒̚͟ͅı̢͓̝̬͎͎̙̻̘ͦ̋̊̐͐ͪ͑ͭ́̑̽ͪͧ̽ͩ̇ͫ̀ʇ̵̶̷̵̩͕̝͖͇̲̙̱̺͙̟̹̼̹͙̟͛ͩ̿͂͑ͧ́ͮͮ͌́ ̧̩͓̱̻̺͚͖͇͕̻̖̲̭̰͒ͧ͒ͩ̃̆ͬ̃ͨͪͬ͐̾̾̈́̿͘͟ͅq̶̧̲̱̱̜͕͔͓̩̗̤̻̖͔̀̏͒ͪ͒̄́̊̒ͥ̌̚͢͝ṇ̨̤̬̟͔̹̮̜͕̍̇̒̒͐ͧ͋̓ͣͤͪ͆ͨͬ̔̎ͫͧͯ͠ʇ̷̦̺̗̩͌̈ͣ̈͒̈́̒̃ͭ͜͟ ̶̨̧̢͔̩̲̦̻̫̦̠̞̬̘͇̟͎̩͐͂̽ͣͬ̓ı̡̧̇̂̈́͠͏͖͕̟͙̤̣̪͇̭͕̦̠̥̩̩̼̖ͅͅ ̬̹̖͓̻̗̳̝̩͎̤̟͙͇̲̐ͨͩ͊ͮ̈́ͫͪ̎͑͒̃̊ͯ̿͒́͟ɥ̷͇̮̝͙͕̥̫̩͙̙̣̺͚̩̭̭̤̎ͫ̔͌̓ͨ͐̽͂̅͑̒̈́͘͜o̵͓̭̩̮̹̯̥̭̭̊̓ͪ̃͊́̈́̓̀͐͊̂̾ͮͣ́͟ṳ̴̶̢̨͉̩̗͎͚͌͊̒͗͛̆̐͗̒̂͟ǝ̡͚̪̰̗̳̩̞̠͙̻̗̑̿̒̊̒ͨ̈́͋ͤͬͯ͝s̴̢̛̼̤̩̻̯ͦͤ̎̉ͮ͌͒̅̐̉ͣ͢ʇ͋ͪͫͬͭ̋̓̽̇͜͏͈͓̦̹͈̤̬̪̺̖̲̞̞̻̩ͅן̓ͩ̅̊̀͆ͮ̑̐͂̚͏̸̠̗͓̼̫͓̻̘̯̖̰̣̭̼̻̝̲̬̜͡ʎ̙̣͖̖̱̤̺͔̣͈ͫ̿͌̑̊ͥͦ̽͢͡ ̷̤̱̖̗̬̪̼̫̝̭͍͔̮̙ͯ̍́ͮ̾ͪͬ̉̑̑́͘͠p̉͒̐̔͂͆̽҉̵̞̱̦͍͚̩̝́ı̡͉͓̪̲̞͈̊ͧ̋̉̋̂ͤ̊̋ͯp̷͕̯͕̬̻̖̗̯͕͚̮̩̳̥͈͉̫͔ͬ͒̔̂̀̔ͣ͌̊̓̒ͧ̽̈́̈̌̚ͅų̴̥͉̺͕̰̹͓̯̳͖͕͇̪̲͔̺̳͉͒ͯͤ̂̓̓̾̾̓ͨ͊ͪ̈̐͐ͫ̄̚’̜͓͉̥̰͎̘̔͋͗͊͒̔ͩ̑͂́ʇ͚̲̬͐͂̏ͨ̕ͅ ͌̒͌̒ͩ́̉̃͜͠͝͏̠̪̖̪͙͉ͅͅʍ̴̡̟̳͍̹̤͑͗͛̆̈͋ͫͦͪ͒̿͟͜͠ɐ̧͍̯͈͓̐̈́ͯ̔ͤͫ̊ͮͤͣ̌͘u̸̓̔͆͐ͫ̉ͮ̇͋̚҉̧̹̟̗ʇ̸̦̠̺̪̤̠̼͎̦̗͚̻̮̘͔̜̰ͮ̿̆̅̓ͨ̐͘͝͞͠ ̸͍̠͇̮̤̯͕̦͈̳̮͖̖́̎̀̓̅ͫ͛ͯ̽ͯ͌ͤ͗ͥ̂͟ʇ̘͎̗̠̝̮̪̩̩̠̟̜̬̭̻̗̃ͩͥͥͯ͗̂ͤ̔ͧ̔̂̓̏ͨͨ̅́͘͝o̭͕͇̩̘̯̪̩̮̜̙̠͕͂̌ͮ̎ͫ͞͠ͅ ̶̵̨͓̙̪̟͖̭̻̳̪͕ͬͫͮͤ̌ͩͤͤ̎̌͐͗͊͛̚ͅb̡̡̲̳̣͉̪͙̭̲͓̟͙̙̺̣͈̻͚͇̃ͪ̎̈̅͌̆́̉o̢̗̗̣͖̺̹̥̻̱͎̮̰͊͋́ͣ͆ͥ̃͛̔͂ͧ͂̔͌̍̊̃͝˙̡̟͎̤̙̦͔̭͑ͨ̈́͆ͪ̃̿̇͐͂͂̔͡ ̌̾͑͗̍ͦ̉́̕͏̯͙̹̭̳̹̱ɯ̸̛̝͕̲̖̫͎̺͖̥̭̟̳̊̐̃̃́ͦ̑̀̏ʎ̾ͮ̋͛͐ͥͪ͂̎̄̍́̍͐̽ͬ͠҉̫̼͎͍̝͇̳̹̝̞̦̟̯͙́͞ ͪ͋̋͆ͮ̈́̊̊ͭ̈ͨ̒ͬͧ͝͏҉̧̻͖̟̯͖̫͔̩͎̦̖͎̕ͅp͖̙̬̳̦̲̩̪͉͙͇͋̃̌̀͠ͅɐ͍̱̭̪̯͙̠̹̫̤̫̘̘̥̠͈̈́̂ͥͪ͑ͪ͐͗̾ͨ̈̈̄ͪ̕͡ͅp̧̢̯͓͙͕̙͈͖̭̻͊̋̉ͪ́̎̃ͯ̎̄͆͊͟ ̶̔ͫͤͧͫ͐̒͞͡҉͍̲̳̙͔̭̫͇̱͚͚̗ͅɯ͋͒ͫ҉̶̣̻͈͉̠͡ɐ̶̢̯̱͙͎͕̺̬͙̹̫̣̅̽ͪ̍ͬ̀p̵̵̛͉̭͎͎̩̮̗̞̣͕̭̳̬̰̠̞̺͇̜̒̅̒̈̾̄͆͊͗͋̈̃̚̚͞ǝͯ̂̍ͦͫ̀͂ͩ͗̓ͯͮ̋́͢͏̼̜̤̪̩͍̻̮̜͖͉̘͖ ̌̇͋̂̌́͒͗̎̅ͣͮ̍̆͂͘̕͢҉̩̟͎̮͖̞̮̪ɯ̨̢̛̙̖̳͕͔̲̱̫̼̞͈͕̑̅̄̅ͩͥ̑ͦ͜ǝ̡͈̮̬͍̭͈̝ͬ̏̊̄̍ͥ͗̌͆̚͢ ̷͈̗͖͓̖̤̱̖͇̥̣̠͓͍̫̭̌ͩͩ͒ͬ̄̈́̋͆ͯͥ̌ͩ͞ͅb̶̸͎̦̮̙̗̘̯̥̗͙͉̤̪̺̬̃ͮ̐̇̊̇̈́͊̀o̹̺̻̥͉̻͇͎̫̺̖͈͚̞̜͈̼͇̅̇͆ͩ͑̈͊̄͟͜ ̡̜̗̭̦̝̲͊̈̈͌̇̓ͧ̉̃̐̀̉̑ͭͭ̊́̚̕ɐ̷̴̯̝̜͉̝̻̩̖̲̼̘̣̗̦̞̅ͯ̓̑̿̊͋ͧ̏ͥ̏͒ͬ̿ͭ̀ͅu̶̴̻̯̥͇̪̭̲̳̝̳̰̥̣̦̦̬̬̲̹ͩ̏̈ͣ͂͞ʎ̶̝̞̖͎͇̞͈̞̮̰̺̩̍͆ͦ̓̇ͬ͗ͦ͆͋̆̐̍̄͑̚͜͝ͅʍ̢̜͙͉̝͂̄̍͒̒̓̏ͭ̀ɐ̶̶̛̤̗̞̟̞̻͖̌͂̌̅͛́́ͬ͊̈́́̀ʎ̧͐ͨͤ̃̂̀ͤ̅ͯ̓͋̀́͏̯̤̜͉̻͇̙̙͔˙͆̾͆ͥ̓҉̶̰̬̜͓͉̦͚͖̝͔͙̘͈̱̝̩̀́ͅ ̵̃̎̊̒͊͐̆̽́̐̀ͯ͢҉͈̭̠̻̟̥̙̯̹̜̥̟̜͇ͅʇ̴̨͎̩͚̰̘͎̜̣̓ͬ̃ͩ̎͊̕͠͠ɥ̷̪̟̤̤̥̥̭͖͍̜ͬͬ̃̔̉̃̆ͭ̃͂̅̔ͩ̾̾̚̕ͅǝ͒ͫ̃ͪ̽ͦ͌̍̌̿ͮͣ̎҉͎̻̩͎̞̮̟̼͔͎̗̦̕ɹ̨͎̭͈͓͖̺̹ͬ̓ͣ̏̃̓̅̏͑͆͢͜ǝ̨̱̠̺̩͔̭̙̘̺̩̩̬̬̘̭̰̤ͪ̎͋̌͋ͮ͜͟͝ͅ ̧̳͖̝̪̘͉̯̱̱̫̰͚̝̦̙̙ͨͥ̈́̉̏ͪͥ̂̌̍͗̚͢͠͞ͅʍ̨̹̬̠͔̫̞̯̲͇̫̰̱̝̫̊̒ͧ̑̊ͫͨ͟ͅɐ̶̸̡̫͕̗̬̗̦̘̥̣̱̻̯̜̙͇͙͓̔̋̈̏̃̐ͬ͟ͅs͙͔͈̺̯̦͇͍ͭ͑̌ͭ͠ ̶̔̐̋̐͏̴͔̰͔̤͕̲͇̳̀̀ı̴̗̝̙̞̰̣̫̮̲̣͔̖͉͈̬̘ͫ͐̓̀̏̄̀ͣ̓ͬ́̚͢͢ͅɔ̓́ͦͬ̅ͥ̇҉҉̢̘͍̜̜͙̘̲̜̭͙̕ǝ̉͂͐̇̔͌ͭ͛͛ͣ̀͢҉̶̡̲̪͖̞̥̥͍͙͇̜͔̗̖͇̳͟ ̸̵̷̗̼̹̰̳̭̘̹̫̜͉̯̌́͋̅ͫͪ̒ͬ̄̇̈͋̾ɔ̒͆̌̏ͪ̒ͧ͌̐ͧ̈͒ͣͤ͘͏̶͖͉̣̺̠͉̠̩̗̣̤̲̥͚͡ɹ̷̬̱̲̣̭̖̫̞̪̗̫̼̦ͭ̓̐̎̎̓͒͛̍̂̽ͥ̉͐̽́̚͠ǝ͍̫̦̟̬͔̗̱̦̣̘̖̺̞̰ͬ̂̔̀̓̎͋͊̉̊ͪ̍ͮ̀͜͜͝ɐ̵̢̹̭͕̠͙̼͗̔̀̂̇ͭ̆̿͆ɯ̴̡̯̻̗̭̻̙̲̹͔̩̺̮̭̠̓ͧ́̌̐̾̆͋̌̊ͩͪͬ̋̾ͤͩ̀ ̶̢̢̳͕̩̥͎̥̻̼̰̼͒͌̇̈ͪͫ̿̂͊̎͐͆̀͜ı̵͚͙͚̭͉͍̹̤͔̙̜̳͐͌̐ͮ͌͐̎̓ͫ̔ͥ͋͂͋̉ͤ̌̿́̕͠ ̶̸͓̤̣̖̦͕̣͖̲̏ͮ̐̏̍ͪͬͩ̀̅ͩ͗͊̌ͯͦ̒͟͝͝ɐ̵͉̘̝̬͈̲̖̪̱͙̩̖̭̱̇̑͐̎̍̂̓͂̐ͩͥ̍̄ͭ̈̈̀ͅʇ̡̲̫͓̟͓͙̺̈̇̌ͨ̿ͥͥͅǝ̴͖̩͚̫̘̗̱͔͚̝̩̝̯̿̆ͬͩ͗ͦ͡͞ ̷̗̟̦͕̘̭͖̺̝̖̙̹͇͇͇̱̆͆́ͬͫ̓ͭ̓ͩ̑̉ͩ͐ͪ̍̚̕͝ͅs̶̈̾ͩ̋̀͋ͤͦͥ͏͚̩͈͓̝̹͙̻͇̹̩ö̵̧̧̡̟͇̙̝̙̦̤̺̗͒̍̓̍͟ɯ̶͛̄̆͑̒͗͝҉̴̛͔̤͚̠̯̳͉̪̳ǝ̨̨̫̮̺̞̗̰͔͖̝͇̙̯͛́ͨ̔̃́̄̆͘˙̶̸̢̣̹͖̥͙̣̠̘͕̬̤̫̰̮͓̘̄͌͑̐̒̒̆̕͠ͅͅ ̨̛̼̲͉̲̳͌ͦ̔ͧ͐͆ͫ̐̈ͯ̈́̓͐͢͢ı̸̒ͤ̿̽̂ͤ̄̓̑̽̂ͣ̉̍ͬ̓̅҉̞̳̱͎̬͈̳̩̲̦̥̳̙̯͚͈͕̱̜͠ ͒̋̇ͯ͑̍́̔̃̓̔̚҉̴͔̥̯̰̜͖̳̘̰̮̘̰͚ʍ̤̥͎͕̗̠ͭ̿̀ͦͥ̈́͘͢ǝ̸̜̜͇̠̭̙͔̅̂̅̾̏̌̐̀͜ư̵͌̽ͪ̇͆͋̇̈́ͦ̌̏̽̀͏̯̱̹͎̺̖̫̙̙̘̮͖ʇ̴̛̄ͪ̽̄͑ͯ͐̔ͬ̆ͦ̇͡҉̫̬̩ ̡ͣ̍ͫ̍̆ͧ͟͏͉̭͖̙̹͓̪̞͇͙͈̣̯ʇ̴̨ͭ̾̒̓́̈́̎͑̂ͯ͌̓ͣ̋̚͏̱̥̰͉̫̗̳̖̺ő̶̵͙̞̜͚͙͖̮̣ͥͬ͌ͤ̔̿́̽̾̊͋̚͘͠ ͖̫͙̙̖̳͚̙̭͍̰͍͕̪̜̻̓ͣ͆ͥ̇ͮ̒ͧ͆͐̔ͦ̍̈́̾̈́͑͘͡͠ͅb̡͆ͫ̅̂̍̎͑̄͐ͬͦ͠҉͎̗͇͓̪̩̼̬͉̙̳͕̘̖̮͘ı͒ͭ̂ͩͭ͌̓ͪ̄̉̓͗̽̓̚͜҉͓̩̻̟̞̹̤͎͎̖͔̮̜̱̮ɐ̵̢̡̟̖̟̼ͩͮͭͪ͆̈́ͬͨͭͧͮ̀̚̚u̡̢͓̫͚̳̗̫̺̬̩̬̩̪ͤ͆ͭ̂ͩ̒̒ʇ̰̭̝̟̱̰ͯ̾ͯ̾̓̈́̆̽ͧ̍ͤͬ̕͟ ̡͍̤͈̳͖̫̞̪̤͚̼͖̟̺̥̫̺͙̅̆͐̑ͪ̓ͩ̈̉ͭ̽̔̈͊̌̚͘͢͢͠ͅs̨̡̖͚̮̗ͨͭ̉ͩ͗̒͐͂͐ͦ̇̓͟ơ͖̳͉͚̜̲͇̯͓̾͋͊ͤ͘͟ơ̎̊̅́͂̆̾͑̀̕҉̴͎̪̼̩̭͕̗͔̻͍̰͔̱̥ư̸̻͎̱̜̲̲͇̬̻̳̂ͨ͛͆̐͒̓ͭ̓ͤ͒͆͊̈́̒̽ͨͣ͝ͅ ̨̛̌̃̍ͧ͘͏̨̖̦͚͖̬̣̰͓̻̘͙̦̫̪͕̝̪͕ɐ͐̐̎̆ͦ̍̌ͧ͢͏̷̢̨͔̝̘͇͙̲̮̞ɟ̧͇̱̼̳̯̹͕̮͍̐̌̆̂̓ͩ͊̍ͬ͂ͤͤͩͣ̅̏͡͝͝ʇ͔̯͇̝̥̩̞͉͉̥̞̪̩̣͒͐ͬ̇͋ͨ̽͋̅̿̋̍̅̃̀̀͘͟ͅǝ͛̊̐͌̌̆̅ͦ̋̃ͩ̎͐҉͚͇̹͇̫̗͡͞͝ɹ̷̢̫̭̘̘̬̒ͬ̎̅̓̌͌̇̕ ̸̵̧͖̖̗͔̯̱̙̞̟̯͈̠̯̺ͫ͌̂ͣ̂͒̊̏ͫ̐͌͂̅̊͆̔͆̚͘ͅʇ̶͓̖̹̠͈̝̜̜̻̞̩̖̪̬̗̹͉͔͂ͤͩ̓ͯͬ̉̆̑̚͘ɥ̉̓̉̇ͧ͑̋͒ͯ̋ͦͨ̑ͦ̚̚͟҉̡͏̧̞̖̜̞͎͔̪̘͉̥̮̖̲̝̟ɐ̷͌̄̓̊͗ͮͤͥ̚͏͕̬̤̹̯̯̗̘͠ʇ̶̛͙̠̳̲͔͖̲̯͎͙̹͉͍̻̳͕́ͭ̃̂ͣ ̷͔͚̭̝̲̪̙̮͆̆ͭͩͩ̂ͮ̍͆̽ͯ̔̉̔͐ͥͬ̕͜͜ɐ̷̨̦̥͓͕̬̺̩̰̺͎̘̉̍̎̔͑͊͐ͪ̍͐̃͠͞ųͧ͒͆̑̋̽̌ͪͭ̽͒͗ͧ͌ͭ͘͠҉̩̮̦͓̲̥̟̳͓̻̲͚͎̗ͅp̉̌̇̑ͯ̔͒̅ͫͥ͂͘͝͏̙̻̗͓̥̣̜͓̦͉͚̼̣͠ ̸̢̪͖̹̪̯̪ͪ̍̊́͑̇́̕͜ı͗ͯ̉̌ͪ̿̊͂̄ͪ̎ͧͫ͊ͣ͐̚͠҉̸̧͙̦̣̳̠ͅ ̜̥̮̣̭͈̤̣͉̟͕̉ͥ̋̊ͮ͆͂̽̉̄̏̑͜͞s̶̮̪̫̝͖͎̞̫̭͈͇̈ͯͥ͑ͥͨͫͣ͗͆ͨ̇ͭ͂͂̚͢͝͡͠ɐ̛̻̪͔̩͇̤̭͓̮̮̤ͨ́̏ͭ͂͂̆̌̒ͥ̐̓̎͟͢͡͠ͅʍ̄̑̄͋͠͝͏̮̫͕͕͕͉͖̲̜ ̖̱̜̳̞̙̱͉͙̠̺̬̥̠̭̱͆̄ͧͯ͊ͣ͞ͅʇ̶̢̲̩̩͎̝̰ͬ̊̇͋̑̾̎͒̂̋ͤ̌ͤ͛̄͛͘͘͢ɥ̘͙̗̬͔̲͈̬̖͍͖͈̦̙̖͉̇͛ͯ̉ͫ͟͟ͅı̴̙̰̭̤̞͕̠̺̳̥͚̦̝̦͛̓̎̄̽̄̎ͫ̃ͦͦ̆̎̾̚̕͢ͅs̡̛͍͖̭̩͖͛ͥ͐̑̉̆ͦ͊ͤͩͤ͐͗̈́ͥ̍͆̒̎͡ͅ ̵̥̹̣̙͓̮͔̥̺̺̦͍̬̘͌͗͊̽͛ͦͬ́̏ͯͫ͆ͩ̀̆ͩ̆͢͝͞b̴̻̜̗͙͔̆̌̐͐̀͊̍̇́̃̈̓̋̽̈͋̊ͬ̐͟ı̎͋͊͆̋̉̏ͯͥ͋̾̏̄̒ͫ̾҉̫͚͉̰̩̻̕͜ɹ̶̨̰̣̭̯̯̙̤̝̫̦̓̈ͥ̀͞ן̸̵͈̪͉̙͕͎̠͕̞̰̗̲̖͎̲̘͚̱̐̋̈́̿̏ͣͥ͛̎̉ͪ͒͂̾ͩ̋͋ͮ͡͠͝ͅ’̴̡̩̝̮͔̗̞̜̰̮̠̺͙͉̬͈̘͖̔͑̌ͧ͋ͯͪ̌̍s̷͔̥̲̝̥͉̺̩̣͚̳̰̟̟͈̻͖̓͋ͥ̏͗̑̒̈́́͢͝ͅ ̸̧͈̼̖̗͈̋̊̇̋̋͗̈́͌̉̒ͬ͌͂͂̑͟s͛̑ͤͥ̒̒̍ͮ̆̀͢҉͙͇͙̮̳ı̤̭̣̟͔̱̣̮̪͕ͯ̋̋͂ͯͬ̄́͌͜͢͡͡s̛͓͉͚̼̠̜̏̽̉̔͆͊ͤ̔ͯͪ̊̒͂̚ʇ̡̘̱̱͍̮͖͉͙ͩ̄͗͌̓ͦ͋ͬͬ͗͢͟͞͞ǝ̷̷̧͈͎̟̝̞͕̟͕̟͍̘̬ͬ̊ͭͩ͑͌͛ͮ̆̾̎ͨͫͦ̇ͦ͋͊̇͟͞ͅɹ̵̧̰̮̻̼͔̘̺̞̟̦̭͇͔͈̟ͯ͋͆ͣ̎̋̔̓͒ͩ̕˙̢̣̬̫̬̱̘̪̖̘̦̫͕͔͍̘͎͎̪̬̋̓̓͋̑ͨ̌͋̓ͧͯ́ͯ̑͟͟͝ ̸̨̥͔̘̟͌̔̈́͗̄̊̾̐̐ͥ̋̈́͛ͤ͡ͅʍ͐ͫ̾̓͒ͯͪ̽͏́͜͏̻̰̠̬̜͉̬͔͍̬͚̤̰̭̥͞ɥ̸̡̼̟̭̟͇̝̖̻̰̙̱̘̳͉̩ͯ̃͆͋̊͐̔͠ǝ̴̶̧̥̠͕͚̞͖̲̅̊͗͛͂ͬ͐ͮͦ̂̄̓͒͟͝ư̵̸͖̗͇̲̘̘ͧ͊̑̄ͨ͋͗̅̈ͨ̅ͅ ̢̟̱̣͖̻̥̳͔͍̭̬́̂ͪ͆̐̊̾ͥͩ͑̽̿͟͝s̐͆͂ͧͪ̍ͤͧͥͤ͊̔ͬ͜҉̡̧̮̦̼̹̩̘͓͜ɥ̡̧͚̞̝̦̲̜̓̿́̃̀̌̑͛̕ǝ̶̥͖̬̤̤̼͕̟̼̜̬ͥ̒ͬ̄ͨͮͨͤͧ̾͌̊ͮ͡͝ ̃͋̋͋͗͏̢̞͔̗͍͕̦͕͉̬̳͓̼͈͈ɐ̴͈͈̩̩̘̜̥̙̦̱̺̪̻̱͉̑̉ͦ̅̽̔͗͊̿̿͌̍͑ͯ͟ͅs̴̪̮̦̮̥̪̤̹ͥ͑ͪ̂̾̄́͜ ̐̽ͭ̓̉͐̓͐̓́͏͎̹̳̞̩̥̙̫̼̲̝̥̻̻́͡͡ɯ̶̸̡̥̻̮͍̼̓ͥ̆̽̊͛͂ͦ̍̅ͧ̇͐͘ǝ̴̷̶̢̨͚̗̮̲̬͍̪͈̼͖̼̗͇̩̾̂ͨ̒ͬͬ̂ͬͩ͗͌̅ ̴̨̢̺̙͈̘͍̯̦ͭͫ̔ͨs̅ͮ̒̆͑ͯ̈́̽̃̽ͭͨ̿̆̓̊ͩͥ́҉̹͓̜̥̻͎͉̙̖̠͓͖̝͕ͅɥ̶̶͈̥̗͇͙̪̙̗̙̭̗̣͙ͨ̋ͤ̒ͣͮ̔͑̀͜ǝ̵̵̢͆̆͗̔̉ͯͥ̂̈̽͒͒́͜͏̞͕̜̳͔̳̯̫̤̙̳̱̱ͅͅ ̛̠͖̪̲̝͖̪͙̘̩̤̻̩̠̩̃̾̽͋̍ͤͮͪͮͪ̅͐ͦͤ͆̓͘͝ʇ̮̩͙̳̯͎̼̰̺̤̟̾̾̋̏͆̿̍̾͊̐̀͞͠͡ͅɹ̌̋͐̍̄̅ͮ́͏̦͎̜̝̜͎͍͔̦͖̦͇̪͘ı̒̿̔̾̂ͬͮ̊̒ͯͮ̓ͫ͂̅́҉̴̤̰͇̰̪́ǝ̸͚̟̝̯̤̗̫̝̈̆ͯ̄ͤ̍̃ͨͯ̾ͮ́̀p̄ͤ̉̃̅ͫͭ̈́̽͌́̇ͯ̊̐͐͏̛̼͎̠̠̘͔̜̼̙̜̫̗̖̦̞́͟ͅ ̸̶̴̙̳̼͎̦̰̬͗̄̒̀̚͞ʇͮ͌̽̍̏̓͌ͫ̚҉̵̢̼̮͉̙͉͙͖̳̜͉͇̪͇̙̞̱ͅo̡̨̢̨̟͈̙͉̱͚͉ͨ͒ͪ̊͋̐̔̒̌͠ ̴͕͉͔͈̖̆ͯ̍̆̓̆̍̈ͥ̈́̉͆ͦͦ̏̇͢͝ɐ̛̳͓̤͍̥̼̪̬̞̠͆̔͒ͭ͗̄́ͣ͋ͬ̚ʌ̷ͥͯͨ̈́ͫͮ̑ͭ̇̎ͫ͊͛͞҉̷̵͓̳̞̳̣̯̺̯̰̻̝̼̼̙̜̼ͅoͦ̔̄̅ͮͮͤ̈̌́ͥ̚͡͏͔̬̞͓̣̞͈͍̹̠ı̰̪̰̯̪̙͍́̎͛ͨ̾ͯ̇̎ͥ̈̾ͫͬ̈̿͟͝ṗ̪͈̤̹̝͔͚͉̝̦̼͈̙̙̲̩̤͉̉̃͑̋̿ͫ̇̿̃̉ͭ̔̊̾͆̔̑̓͘ ̛̺͍͓̜̪̗̠͖̠̽ͫͯ̏̅̊̃̃̽̀ͪ̈́̋͊́̂̕̕͜͢ɯ̴̨͎̝̬̞͔̭̦͖̘̤̫̠̖̰̻̦̟̰̼̿̏͋̐ͯ̈̄͆̕͟͞ǝ̻̯͎̥̪̝̪̜̝̤͉͓̭̬̔̋̿̀̄̑͋̓̿͒̊͌͘͜͠͝ ̛͇͎̜͎͎̘̪̳̼̞̹͊͊ͧͯͨ͒ͤͭ̇ͤ̓͝ɯ̴̷͈͔̟̞̥̓̍ͬ̀̚͝͞ɐ̭̦̗͖̦͕̘̖͍̈́͑̆ͭ͘͢ʎ̛͔̲̼̰̺̬͓̥͍̼̺̞̙͓̑̌ͮͨͧͧ͌ͥ̌͂̾͛͒͢͞q̧͖̜͚͚͚̥̰͍̫͎̫̣̤͖̥̫̠ͬ̍ͯ͋̌́̓̃͌ͮ͗̍̀̏̔͘̕͝ǝ͉̰͉͉̘ͧ̓ͣͧ̑̇̀͛̾̍ͤͣ̒̕̕ ̸̴̤̥̜̗̹̞̓̽ͫ͑̌͠͞ʇ̷̨̨̜̯̦͍̬̿̔̓̈́ͩ͊̌̋ͣ͂̐ͩ͂̉̽̿͗̾̊͟͢ɥ̨̝͈̳͍̼̩̟̈̍͊̇̂ͥ̋̏̌ͣ̇͘ɐ̂̋̂͊͗ͦͪͩ̎͌ͣͫͭ́͒͛͑ͥ͟҉̳̘̯̞̜͔̤ʇ̡̨͕̣͖̗̭̗͕̫̬͇̲̜̹͕͔̌ͨ̑ͣ̎ͮͮ̄̀ͨ͑̏̐̃͐ͬ͗́͘͠ͅ ̷̷̵̷̮͖̲̰̟̦͔̰̥͔͈̟͓͕̫̳͍ͪ̒̅ͩ͗̔̂͗̓ͮͮ͋ͨͣͧ͂ͧ͛͝ͅb̯̮̹̣̩ͪ̈́ͭ̄̅̽͂̑͞͞ı̡̗̮̟̫̬̪̟̖͒̆ͩͯ́ɹ̢̦̣͕͇͕̠̪̣͍̥͔͉̼̫͆̽̂͗̓̐ͮͩ͗͟ן͑̓ͤͩ̌̓̀ͪ̓̊̽̉͛ͪ҉̧̢̹͈͖̞̘̹̞̲͔̦͡ ̩͙̤͔̝̱ͦ̎ͨͪ́̀͡͡ʇ̢̮̙̱̞̳͔̲͕̗̹͔̞͖̖̱̥̬̅ͮ̏ͣͥͩͯ͆͐̈́̉ͬ͑̚ͅɐ̢̰͉̦̗̹̫̤̗̖̟̠̝̹̙̊ͥ͆̍ͩ̃̽́ͪ͘ן̷̠̞͇̯͚̫̥̖̜̘̯̺̤̟̙͍̖͇͖͊ͩ̀̉ͤͯͭ͛̄͗̉̊ͣͪ̓̍̈́̎̓ʞ̸̯̳͕̭͕ͫ̈̐̀ͦ̿̽ͨ͑̈́̃͋̃ͦ͜ ̡̍̿̒̑̑̅̓͆͋҉̨̫͓͙̤̠͢š̤̮̫͙̌ͥͫ̉ͩ͢͢͟ͅɥ̴̶̡͎̱̜̜͕͐ͮ̾̃ͪ͑ͣ̿ͮ̆́̚ı̐ͦ͑̊ͣͦͩ̔̏̽̅̏͠҉̢̱̟̦͇̘̦̕ʇ̵̯̱̩͙̆͌̆̌̃̅̒ͫ̓͊̚̚͠͞ ̢̨̢̪̝̟͙͐͒̉ͥ̈́ͤͫ͆̈͘ɐ̢̨̛̱͖̼̼͚̓̏̈̈ͭͮ̅̏̽ͤ̌͐ͭ̀̉ͮ͘q̷̧̛͎̭̼̜͎̤̯̭̺̘̞̮̦̎͐ͣ̍̆̒ͫ́̈̂ͦ́̒̽̍ͨͣ͆ͅȯ̓ͬ͋͏͏͖̱͕̼͓̤̹̲͇͙͕ͅn̴͔̟̣͖̘̝͉͎͚̪̼͌ͮ̏̌̉͢ʇ̧̡̥͍̰̪͇̦͈̤̪̻̘̹̀̉̓̇ͩ̾̂̑͐̅̚͞ ͛ͧ̃ͫ̊ͤ͛̏͗̈́̑̉ͫ̇̌͛͏̷̢͎͍̯̜̰̫͙̝͙̫̠́ɯ̅ͥ̋ͪͫͥͨ͗ͦ̏ͬͣ͂ͣ̋̾̕͢͟͏̮͉̲͇̰̞͙͉̲ǝ̶̮̫̘͎̪̥͔͎̗̦̜̳̮̠̯͙͖̊̏̓͋ͫ͐͋̐ͣ̽ͨͭͨ͜ͅͅ ̢̢̰̟͚͔̠̮͉̭̱̦̒̈́ͣ̉̏̈́ͨͮ̕͜ͅı̴̸͓̖̩͇͕͚̪̫̰͚̟̗̍́̂̈́̏̆ͪͥͫ̽ͪ͊͑͐̈́̚͟p̀ͯͦ̾̎̉̐̅̍͛͋͌̅ͨ̚̚҉̫̪̳͎͔̬͍ɔ̧̙͖͚̜̟̹̲̗̖̪͔̘̬̮͈̖̊̿̍͆̀̑ͮ̃͋̉̋͒́̀͢ ̷̧͍̠̤̣̯̱͍̔͊̄͋̊͊̎̃̓́͢͞s̸̨̟̮̞̣̭͎͍̘̪͚̰͔̹̩ͬ̒ͨ͆̃́ͦ͑͊̆͘͜͡ɥ̢̬͇̠͖̱̜͕̟̹̻͈̦̯̻̖͖̜̗̾̄͌͊͑͢͞ǝͥ̓̿ͫ͐̈́ͣ͗͐̍̂͏̴̡̘̩̬̮̺̙̦̱͞ ̸͎̻̼͊ͭ̋̐ͬ͌̐̏ͭͦ̄̈́̿̾ͤ̇ͣ̕͢ı̶̧̬̝̫͖͈̯͙̘̗̼̘̲͚͉̯̩̜̞̪̽͌͊͒ͧ̓ͧ̓̓̄̅̈̓͌̄̓̂̀̕͜s̸̴̢͔̖̝̮̱̝̭̼̙̞̠̦̺̫ͬ͗̔͒ͭ͌̽̏̊͂ͫ̾̐̆̓ͪ̅̾͂͘͞ͅ ̨̘̝̰̼͓ͭ͑̆̎ͬ̽̎ͥͮ̆̇̽͑̎́̓̈ͣ́͜͝ɐ̌ͪ͛̆̊ͪ҉̴̨͓̠͎͕͕͙̝͜ ̔̈̌̔̇͏̷̸̸̮̯͚̳͕̩̲͈͕͖͟ʍ̜̹̠̠̖͇̩͕͓͓̭̰͖̟͎ͫ̎͂̐̑̅͛̑̑ͬ͊̐ͣ̃ͫ̂ͧ̕͜͡ɥ̧̧̬̤͖̠̰͙͖̥͈͓̺͖̣̟͙̟͊̊̈́͆̍̃̾ͧͮ̓̀̚ı̡̤̮̪̼̰̫͉̹̫͖̜̅ͭ̾̅̒͑̌̔͑͐̑͂ͩ̽̀̿̉ʇ̶̴̛̲̳̗̼̤̯̭̼̣̩̬̭̦̍̀͆̇̅̆͑̆̐ͥ̽͑͌̀̌́͘ǝ̢́͆̂͆̌͐͐ͫ͊̾͒̂̒ͬͭ̋ͯͧ͏͕̹̥͙̺̭̻͎̱ ̵̗͍̫̫̙͍̗̹̙̱̰̜͕͔̜͇̣̏ͪ͐ͯͬͯ̓̾̇ͮ͑͒͒͛̀͘̕ͅͅɐ̊̄̈̆ͦ̅̔̽̈́ͬ͟҉̗̘͎͔̫̙͎͙̖̝̭̲͕̕ŭ̴̢͙̥̻̞͂ͤ͑̍ͪͮ͒̈͞ʎ̢͚͕̳̰̗͎̠͍̫͉͉̣͉͇̥̪̞̒̄ͯ͛͛ͬ̋ͬ͊ͥͭ̒ͫ́͘ͅͅʍ̨̪̘̩͍͚̹͍̤̥̼̾̈͒̄̿̑́̚͝ɐ͛͊̒ͣ̏̏͊̈́̐͟҉̧̬̹͎̙̘̭̜̥̼ʎ̨̧̘̱͍̩̥̹̗̝̦̙͈͉̇̐͆̋ͥ͜ͅͅ ̡̧̦͉͙̳͔̘̱͙̘͈͙̪̫̤͈̲͒̌ͪ̽͗̀͘ɐ̈́̂́͏҉͍̫̜̟̪͙̜̰̱͚̬̹̰͈u̶̴̬̟̳̦̬̝̓̂̍ͣ͗̑̓̔͌̎̉͟ṕ̸̸̹̩̜̼͇̼̠̜͎̙͉̬̻͇͐̎́̇́̏͟͟ͅ ̷̧̛̣̗̘̝͇̼̳͖̻̬̖̩͈͕̤̀ͮ̀̆͂̈́ͨ͋̕ͅɐ̡̬̦͓͈̮̘̗ͩ̇͗͋̿̿̊ͭͣ̐̎ͨͣ̂̌̕͡ן̤̹͍̝̤̫͕̠͖͔͔͙͓̝̯̫̣̘ͤ͆̾͐̄͌ͤ̽̃͐̂̂̽̀̉̒̍͋̏͟ͅן̛̌̊̄͆̎͆̆ͭͭ̋̌͌̅̽̆͆͜҉̞̲͚͕͉̗ ̡̛͇̲̼̹̠̟̞ͧ́̋̒͆̕͠ɥ̵̷̴̩͔̱̤̓̓̂ͧ͋͌ͯ͒͛̀̓͌́ǝ̢̊́ͭͮ̈ͥ͆̈͠͏̴̠̘̦̙͔̼̮̙͍ɹ̞̬̠̣̘̜̯͙͚͖̠͖̳̗͉̈́͊̑ͫͦ͘͝ͅ ̵̡̠̲̱͇̜̘̦̱̞̩̗͈̫ͦ͆̃̑͌̎ͧ̅̑ͯ͊͐̾͢ɟ̵̞̙̬̤͉̬̱̯̱̲̤̻̲̹͍̼̿̐̽̆̓͆̉͑̋ͬ̌̂͌̊ͦ̈́́͝ɹ̨̧̩̮͓͉̯̱̹͕̣ͤ̾ͩͥ͜͝ı̸ͤͤ̋̇ͣͣ͊҉̖̱̹̮͓͓̦͖̳̹̤͇̪̮͡ǝ̵͇̙͍̦̦͈̺̳̯̟̟͖̘͈̭̳̫̒ͫ̔͊̽ͬͨ͋̑̆ͥ̈́̎̈ͭ͑͞ͅu̢̖̱̖̻̗̜͚͉̺͎̟͖ͬͩͪ͗̐̃ͪ͌́ͯ̃̓̈́̎ͨ́ͅp͗̍̓̎̅̅̌ͤ͛̑͐ͮͮͤͩ̂̌̿̌͏̸̛̹̹̱̭̫̱̭̫̜͕̘̹͚̜̮͙͖̝͟s̸̡̛̺̭͔̳̪̩̰̺̘̩̦̟̈́̌̂ͪ͌͂̽ͦ̊ͫ̀̕ ̷̡̬͇̰̻̗̺͉̜̟͚̏͊̏͋ͩ̓ͨ̀ͦ̎͑ͪ͡ʇ̢̀͗́͐ͫ͂͐̓̆͊̽̈͒͛̈́̋ͫ͟͏̤͇͈͖̬͎͓͇̭͈̮͕͎̯̮̗̘͙ɐ̷̷̢̹̝̭̞̝̭͋̋͋ͯͩ̏̈́ͫͣ́͡͡ן̶̡̾̋̒ͫ̌̏ͬ̌͏̨̫͉̼̟̙̫͖̬́ʞ̴̢̛̩̰͖͙̗̲͇͖̤̐̐ͫ̀ ̀̑ͪ̎ͬ̽͆ͣ̎̉̆̚҉̸̴̛̲̘̙̬̳̠̙̱̘̹̹̝̠͢q̩͈͙̟̞͔̬̳̞̭̈̎̑͗͞ɐ̷̰̱̯̼͖̜̠̙̗̪͍̰̠̞̾͑͑̓̊̂͒̓̔͋̍͆̒̒̍́͟͜p̮͔̰͒̏ͥ̋͐̐ͫ͌̋͋̎̾ͫ̈ͬ̍͌́̚͟ ̸̧̲̞̺͓̠̒́̽͊ͤͮ̇̓ͮ͛̏͛ͪ͑̌̅̅͘ɐ̷̧̛̺͈͎͓̗̟͕̫̗ͫ͆͒̓̀͡q̸̢̻̼̯͍͔̫̜͕͚̦̘̅̉͗͐ͤ̇̇ͧͧ̐̀͂̾̄͒̉̕͢͢ọ̡̩͍͇̰͈͕̙̦͈̰̭̥̹̟̯̉ͮͦ̉̈́͋̃̽͋̕͢ͅn̴ͯ͌͆̓̑̚͡͞҉̮̘̯̳̳̖̞̟̺͈ʇ̵̵̡̙̯̠̲͈̜͉͍̼̱͙̹̼͙̜̞̝̙̃̅̄̚ ̢̖̟̮̹̙̭͖̤͕̪͚̆͊ͬ̓́͟ɥ̨͐̊́ͯͭ͐̽͗̐̐̑͏̻̯͕͈̗̠̟̟͉͙͈̦̪̰͝͞͠ǝ̸̖̝̫̜̙̟̝̝̮͖̪ͬ́̏̔̀ͫ̍̈́͐̾͛̓ͩ͛̈́ͥ̑͢͠͝ɹ͉̟̦̹̙̖̫̪̙ͩ̈́ͥ͒͌͋̓ͧ̇͒̿̅ͣ͗͟͜͟͡ ́ͧ̌̈ͤ́̆͋͒҉̻͙̦̭̣̟̬͖͎̦̦̬͔͖͠ͅʇ̸̨͕̯̦̻̰͎̣͇̞̯̎ͫ́͐͑ͭ̾ͤ̎̈́o̸͉̬̟̫̦̰̲̟͚̬̖̗̼͕̻̤̿ͧ̊ͥ͘͘͢͢ ̵̢̢̧͚̣̜̹͔̭̗̻̦͛̋̉͋͑̅̐͊̾ͭ̈́͂ͣ̎͘ɯ̷̧͙̜͈͉̼̗͈̦̠̹̞̘͈̪̗̳͉͓̈́̿̀͒̑̃̕͜ǝ͓̜̭͍͕̮̠̃ͧ̅̊̋ͮ͂ͥͪͥ́̀̚͡ ̭̖̟̬̎ͭ̏ͬ̓̋͗̀͠ı̶̵̡͚̜͇̥͓̠͙͙ͯ̎̋ͬͬͬ̈ͤ͊ͫͦͦ̌͞p̀ͮͮͩ́̀ͤ̽ͤ̄͏̷̺̦͇̦̘̪̠͕̺͔̀b̷̖͈̠̠̘̻̙͎͎͖̼͚͈̣̄̓̂̐͢ͅͅͅ ̸̼͈̼̥͚͓͑̍ͫ̚͝͠ͅʍ̞̥̭̖̹͚̖̫͔̫̩̲͍̜̙̐͌ͦ̒ͣͧͨ̇ͬ̕͢͝ɥ̇̑̋ͬ͗̏̄ͮ̂̓͌̌̒̃͏҉̵̢̠̬̰̜̬̤͈̘͙̲͚̩̺͢ʎ̧̲̣̝̠̯̪̬͖̤̯͓̹͉̭ͨͣ̋̽̾̈͛̆̽̋̄͜ͅ ̶̵̖̙͙̞͍̜̱̟̻̯̞̼͖̖̙̯̞̖̲ͧͭ́̔ͥ̉͋̇̾͂͋ͩ̋̀̂͢ǝ̛̹̣̘͈̬̗̥̥̪͍͇̣͉̥͈͙̫̔̃ͭ͋ͣ͘͘͢ɹ̷̛̬̬̖͚̘̩͕̗̳͙̝̜̪̜̏͗̐̇ͧ̽ͧ̇ͨ̏ͨ̚ı̡̓̈̋ͭ̌̓ͧ̈́͛̌̆͌̀͗͏͈͇̞͔̼̯͓u̴̢̢̡̫͔̟̜̝͋̄̌ͬͫ ̪̦̰͔̠͉͚̬̦̣̻̳̘̙ͭ̉̄͗̍ͫ̃̅ͫ̾̓͐̀͘̕͟ͅͅı̴̵̬̝͚̞̺̜͉̠͚ͦ̃ͯ̓̎̉͌ͨ̓̏̔̍ͅs̶̳͚͍̝̥̙̪̭͖͚̲̼̥̠̝̊̃̽͛̌ͯ͑͑̄̀̌ͮ̃̈́̕͢͠ ̵̷̢̨̤̤̩̘͈̹̺̓̈́̋̈́̂͐̆ͥ͌̌͌̾̐͗ͣ̉͆̑s̰̯̠͕͖̳̻̣̩̗̮̺̗͛̓͊̊̎̌̀ͤ̈́̃̎̈́͆͑̆̀̕͠ͅo̴̸̙̪͇͈̱̗̣̼͔̭̲̙̐͋ͣͬ͐̇̓́͊͛̉̅ͬ̚͟͞ ̷̟̺̲͓͉̻̻̹̝̬̠̩̣̭̮̰̺͍̬ͥ͐ͧͫ̉̂̿̆̊̃ͭ̀̚͢͡ɯ̶̸̢͈̯̰̝̥̝̦̜̞̳̹̫̎͛̇̎̔ͨ̚̚͠ͅǝ̨̧̻͎͉̲ͩ̿͋͂͊̆̔̐̽̅ͥͦ͢͝ɐ̷̸̢̛̥̺̻͕͊ͮ̂ͦ̆̇̐͑̐̾̊̃̚u̴̵̡̲̼͓̘̹ͭͩ͌̎̄͆̽̍ͫ̍̽́ͫ̕͠ ͈̲̙̭̥̩͔͕͂̽ͨ͗ͥ̀͞ı̷͎̗͓͔̹̣̣̣͓̣̭͂̾͒ͭ̀̚͢͡͡ ̢ͣ͛͛͊̈͐̉͂̅̂̇̐̾͏̷̨̥̮̲͇̼͕̦̤̮̮̩̭ş̵̙̤̭͖̜̰̦͇͎͚͎̤̒̇͆̏ͤ̉̓͗̏̆̓͆̈́̚͘͝͝ͅͅɥ̨̫͎̼̘ͨ̓̑̉ͮ͂ͤ̆́͜o̧̮̤̤̱̫̻͙͕͖̥̬̤ͣ̂̋͌ͫ̽ͮ̔̾͒ͦ̐ͤ͘ͅn̦͓̰͖͕͆̈͗ͫ̽̄̅͘͜͟͠ͅן͉͖̦̱̦̹̥̺̪̫̜̙̥̯̞̻̠̊̓̽ͨ͛ͩ̀̈̊͐̃͆̆͛̆͆̌̀̚͟p̼̪̝̻̝͑̌̃ͩ̂ͯ͛͗̈̈̉̋͆ͥ̉̿͑͂̀͜ư̷̧̧̯̱̼̞͓̺̱̲͚͓͇̖͓̜̦ͪͧ͛̀̓͌̾̀͗’̢̧̳̟̤͈̲͎̳̳̖͉̠͉̂̿̏́̄͢͝ʇ̷̢̰̜̩͓̻͓̟͇̳̰͇͚̖̬̌͐̽̓̓̇͆̆̐ͮ̉̒́ͭ̈̄́͡ ̫̲̳̱̤̣̲̉̎̿̽͊̿ͥ̔ͫ̎̎͐̋͜͢͢ʍ̸̢̤̞͖̤̹͍̺͚͇̪̯̩̺̯̠̻̖͉͋ͨ͆̒̑͌̅̈́ͧ̅͌͛͜͡ȯ̷͍̘̣̬̙̱̘̤͓̳͈̜̣̘͓̳̥̲̒́́ͦ̂̋̾̿̅̀͡͞ͅɹ̧̧̘̜̬͉̙̤͍̳̼̘̯̑͋ͥ̉̑ͧ͐̂ͩ̈́͡ɹ̶̢̛̬̘̺̲̼̖̳͓̞ͤ̏̽ͨ͑̔̋ͮͫ̒ͨͧ̒̉ͬͧͩ̂̌͠ʎ̢͔̬̫͙̱̮͇̬͖̗͈͕̥͇͎̩̲́̂̓͋ͧ͗ͨͤ̾̓̉ͣͩ̇ͦ̈́ͦ͋́́͞ͅ ̵͎̹͈̘͈̗̱͖̞̮̠͍͇̮̖̽́̂ͪ̓͋͗̉̀̿̈́̓͆͡͡͝ͅʇͧ̉͛̍̔͒ͣ̍̒ͮ̋̈҉̧̢̛̣̞͔̫̻̼̫̗̻͎̺̻̥͕̖̜̼͢o̷̢̞̦͔͍͍̝͉̖̗̎ͮͮ̿̓̾ͥͧͣ̏͋̒͐̕o̭͙̩͍̻̬̥͓̟͎̺͎̺̅̽ͦ̽ͬͭ̅ͨͭ͌̏̂̇̓̎ͭͣ̀̚ ̧͈͕̪̲͇͓̥̯͍̺̮̳̞͉̙̦̐͊ͨ̂͟ɯ̶̞̻͚͉̰̤̹̰̖͉̺͚̲̱̻̦̳̫͔ͤ̄̊̄́͛̆̊́̒̐̓̊ͯ͟͢n͆ͭͦ͆̌̋҉̼͇̗̞̜̲͓̳̖̼̺̹̬͢ͅɔ̡̭͍̯̗̙̟̘̙̗͓̝̪̌͂̎̑͛͂ͭ̀͡ɥ̅ͦ͊̇͗ͭ̌͏̢҉̷̰͕̟̠͕̱͍


食事を大切にしない人は人生の質を必ず落とす。

「問題発見」のための心構え

1.「問題」は「何が問題なのか」を理解している人にしか発見できない。
2.「問題」は「問題があるはずだ」と思って探さないと発見できない。
3.「問題」は「想像力」がないと発見できない。(知識がないと想像できない)
4.「問題」は遠近高低前後左右上下表裏に視点を移動させないと発見できない。
5.「問題」は「ほぼ」「ほとんど」「など」というあいまいな言葉の影に隠れている。
6.「問題」は測定し数値化し比較しないと見えてこない。
7.「問題」は水面下にもっと大きな「問題」を隠している。
8.「問題」は解決した瞬間に次の「問題」を引き起こす。

396 :メイク魂ななしさん:2014/05/04(日) 22:23:36.45 ID:YN9DA/1u0
今32歳なんだけど18、19の頃に買ったチークがまだ残ってる
たまに使っても肌荒れとか全然しないから余計に処分に困ってる
最初の頃は勿体ないって小量しかつけてなかったんだけど、5年目過ぎた辺りから1回の量を大量に使ってたんだけどね
とりあえずこれは捨てずにもう1色追加で買っておこうかな

403 :メイク魂ななしさん:2014/05/05(月) 01:06:05.90 ID:yTMW8bzs0
»396 
今35歳で26の時に買ったチークをもうすぐ使い終わる
ジルスチュアートとかジバンシイとか色々浮気したけど結局これに戻ってきた
50歳になっても60歳になっても使うつもりでストック2個買ったけど
1個でよかったかもしれない

404 :メイク魂ななしさん:2014/05/05(月) 01:09:07.21 ID:mlAG61ZO0
»403 
壮大すぎるw

405 :メイク魂ななしさん:2014/05/05(月) 01:37:41.52 ID:HCSEMqbu0
»403 
娘さんや孫娘に受け継いでいけばいいさ
こうしてブルジョワは世代を超えて語り継がれていくのであった・・・めでたしめでたし

問題はタムである!!(これホント)

ドラムセットのいわゆる「太鼓」の中で、 その音の残響音が一番長いのがタムなのである。 (ここから段々「大事な話」に移ります)

さて、ライブハウスに行くと、 たまにタムのヘッドにビシバシガムテープを貼っていることがあるが、 タムの残響を抑えようという目的ならこれは実は間違いである。

だいたい、ギターやベースが鳴り過ぎるからと言ってボディーや弦にガムテープ貼りますか?!!(笑)

実験してみればわかるが、 ガムテープを貼ったところで残響の時間はそんなに変わらない。

変わるのは「倍音」、 つまりアンバサダーなどの薄い皮を打面に貼っている時、 倍音が多すぎてカラカラ言う時には効果的であるが、 残響を短くするならそれはチューニングのバランスを崩すしかない。

つまりそうなるとどのみち「鳴らなく」なる。

ドラムなんて鳴ってなんぼのもん!! いい音よりも何よりも「大きな音」で鳴ってればそれでよい!! (これ「大雑把」だけどかなり「ホント」)

昔はレコーディングでもライブでも、 新人バンドはエンジニアより立場が弱いので、 「タムがワンワン鳴ってて音にならないよ」 と言われて泣く泣くガムテープ貼ったりいろいろしてたが、 ワシは最初にアメリカでWyn Davisとレコーディングしてその考えは間違いだと悟った。

彼はワシに言った。 「タムの表の皮と裏の皮を同じチューニングにしろ」 と・・・

通常、表の皮を裏の皮より緩くすると叩いた瞬間より音が低く下がるベンドダウンする音になり、 同じチューニングにすると共鳴していつまでも同じ音が長く鳴るようになると言われている。

つまり日本のエンジニアが言ってたこととまるで逆のことを言ってるのである。

ちなみに裏の皮を表の皮より緩くするとベンドアップする音になる、 と昔ドラムマガジンに書いてあるのを見たがこれはウソである。 やってみればいい。音が鳴らない(笑)


 ウォシュレットの広告コピー「おしりだって洗ってほしい。」など名作コピーやヒットCMで知られるコピーライター 仲畑貴志さんは、まず原稿用紙の1行目に「早い話が」と書く。それに続けて「早い話がなんとかかんとか」とコピーを書き、最後に「早い話が」と書かれた部分をハサミで切り捨てる。そして残った部分を吟味していくという。

 思考のディレクションである。「早い話が」の代わりに「要するに」でもよい。濃縮還元する場合は、さらに書いたコピーを10字以内にするなど文字数を短くする工程も必要になってくる。


最初の一歩は、その道のりの半分に相当する。

「何を書いても、匿名なら“書き逃げ”できる。だから、飲食店について真偽の定かでない情報を好き勝手に書いても、誰も責任を取らない。そんな人たちの口コミにどれだけ価値があるのか。それよりも、互いに人柄をよく知っている友人や仕事仲間のほうが、よっぽど有益な情報を教えてくれます」

 リアルな人間関係では、もしマズい店を教えでもしたら、紹介した人間の評価も下がってしまう。だから、ネット検索だけではわからない、その人の“とっておきの店”を教えてくれたりするのだ。

「そんなときに絶対にやってはいけないのが、紹介された店の評価を食べログで確認すること。世の中には『検索したら低評価だったから』と言って、リアルな人間関係よりネットの匿名情報を優先させる人がいますが、相手の人格を否定する、失礼な行為だと知るべきです。そんな人たちには、それほどネットが好きなら、ネットと結婚しろ、バカと言っておきます」


(出典: yungjake)


サシ飲みに限らず、年上の先輩と語ることで得られる刺激って経験に基づいた“熱のある言葉”があってこそ。「俺は◯◯だと思う」という意見の言い合いもおもしろいけれど、「俺は◯◯だったから、◯◯すべき」の話が貴重なんじゃないかなーと。そこには成功も失敗も、気づきも反省もすべて含まれているわけで、その生きた教材を段階すっ飛ばして疑似体験できるんだから最高でしょう。親と子の関係に次いで、体験を教えてもらえる関係性は先輩後輩なんだと思います。

cinefil-blu-ray:

1981年、原作者フィリップ・K・ディックが、『ブレードランナー』の製作者、ラッド・カンパニーのジェフ・ウォーカーに宛てた書簡。
親愛なるジェフ、
今晩たまたま、チャンネル7で”Hooray For Hollywood”を見たよ。『ブレードランナー』の映像も出てきた(正直に言えば「たまたま」じゃなくて、知り合いが『ブレードランナー』も取り上げられるから見ろよ」って教えてくれたんだけど)。ジェフ、見終わって、特にハリソン・フォードが映画について語るのを聴き終わって、僕はこの結論に至った。これはSFじゃない。これはファンタジーじゃない。まさしくハリソン・フォードが言ったように「未来観」なんだ。『ブレードランナー』の衝撃はあらゆる分野に行き渡るだろう。一般の人にもモノを創り出す人々にも。そして、僕は信じるんだが、特にSFの分野に生きてる人にもね。30年間、SFを書いてそれを売ってきた僕にとっては、これは何かしら大切なことなんだ。本当に正直に言わなくちゃいけないけど、ここ数年、我々のジャンルは徐々に、そして着実に劣化してきている。個々人としても、集団としても、『ブレードランナー』に匹敵するような何かを成せていない。現実逃避的ではなく、勇気ある、細部まで行き届いた、本物の、憎らしいくらい説得力のあるスーパー・リアリズムだ。TVのあの部分を見ていて、僕は最近の自分が持ってた「リアリティ」が色あせて見えるのを感じた。僕が言ってるのは、君がまとめあげたこの作品は、これまでこの世にはなかった、オリジナルな新しいヴィジュアルの形、芸術的な表現を生み出したということなんだ。そして僕は思う。『ブレードランナー』は僕たちの概念に革命を起こすだろうと。SFとはどういうものであるか、いやそれ以上に、どういうものたり得るか、という概念に。
こんな風にまとめさせてもらうよ。SFは緩やかに、そして避けがたく、モノトーンの死に向かっていた。お互いをパクったような古くさいものばかりになっていた。突然、君たちのような人がやってきた。今我々と共にある、最高に才能ある人たちが。そして、今、僕たちは新しい人生、新しいスタートを手に入れたんだ。『ブレードランナー』プロジェクトにおける僕の役割について言えることといえば、僕の原作や僕のアイデアがあれほどの素晴らしい次元にまで昇華するなんて思ってもいなかった、ということだ。僕の人生と創造的な仕事は『ブレードランナー』によって正当化され、完成した。ありがとう……そしてこれはとんでもない商業的成功を収めるだろう。無敵であることを証明するだろう。
心から、
フィリップ・K・ディック

cinefil-blu-ray:

1981年、原作者フィリップ・K・ディックが、『ブレードランナー』の製作者、ラッド・カンパニーのジェフ・ウォーカーに宛てた書簡。

親愛なるジェフ、

今晩たまたま、チャンネル7で”Hooray For Hollywood”を見たよ。『ブレードランナー』の映像も出てきた(正直に言えば「たまたま」じゃなくて、知り合いが『ブレードランナー』も取り上げられるから見ろよ」って教えてくれたんだけど)。ジェフ、見終わって、特にハリソン・フォードが映画について語るのを聴き終わって、僕はこの結論に至った。これはSFじゃない。これはファンタジーじゃない。まさしくハリソン・フォードが言ったように「未来観」なんだ。『ブレードランナー』の衝撃はあらゆる分野に行き渡るだろう。一般の人にもモノを創り出す人々にも。そして、僕は信じるんだが、特にSFの分野に生きてる人にもね。30年間、SFを書いてそれを売ってきた僕にとっては、これは何かしら大切なことなんだ。本当に正直に言わなくちゃいけないけど、ここ数年、我々のジャンルは徐々に、そして着実に劣化してきている。個々人としても、集団としても、『ブレードランナー』に匹敵するような何かを成せていない。現実逃避的ではなく、勇気ある、細部まで行き届いた、本物の、憎らしいくらい説得力のあるスーパー・リアリズムだ。TVのあの部分を見ていて、僕は最近の自分が持ってた「リアリティ」が色あせて見えるのを感じた。僕が言ってるのは、君がまとめあげたこの作品は、これまでこの世にはなかった、オリジナルな新しいヴィジュアルの形、芸術的な表現を生み出したということなんだ。そして僕は思う。『ブレードランナー』は僕たちの概念に革命を起こすだろうと。SFとはどういうものであるか、いやそれ以上に、どういうものたり得るか、という概念に。

こんな風にまとめさせてもらうよ。SFは緩やかに、そして避けがたく、モノトーンの死に向かっていた。お互いをパクったような古くさいものばかりになっていた。突然、君たちのような人がやってきた。今我々と共にある、最高に才能ある人たちが。そして、今、僕たちは新しい人生、新しいスタートを手に入れたんだ。『ブレードランナー』プロジェクトにおける僕の役割について言えることといえば、僕の原作や僕のアイデアがあれほどの素晴らしい次元にまで昇華するなんて思ってもいなかった、ということだ。僕の人生と創造的な仕事は『ブレードランナー』によって正当化され、完成した。ありがとう……そしてこれはとんでもない商業的成功を収めるだろう。無敵であることを証明するだろう。

心から、

フィリップ・K・ディック

(出典: criterioncollection)


11 :なごみ:2014/02/04(火) 14:35:59.65 ID:y5z85lFa0
うちは国道沿いで、田畑と農家と住宅がパラパラ、て感じの半端な田舎。
ファミレスやコンビニはけっこう歩かないとない。喫茶店なんてない。

その国道沿いに何がどうしたのか、ちょっとオシャレなカフェができた。
そこがけっこう早朝から開けててモーニングやってる。

私もよく夜勤明けに寄って食事してから家に帰るんだけど、
近くにアパレル系のメーカー倉庫があるせいか、若い子がよくいる。

それから一人暮らしのおじいちゃんがよくそこで朝ごはんたべてる。
なんつーか、農作業帰りです、この服もう二十年着てます、って感じの身なりで
身だしなみにはあまりかまわないタイプのおじいちゃんだった。
人柄はいいんだけどね。

が、カフェに出入りするようになってから若い子と顔見知りになって
話をするようになったせいなのかなんなのか、だんだん身ぎれいに。
アパレルの子から譲られた?のかなんなのか、こないだは
やけにカッコイイシャツ着て来店。
もっのすごい照れながら「ど、どうかな…」って若い子に話しかけてた。

若い子たちは「うわそれいい!すごくいいよ!」って大ウケ。
それがホントにけっこう似合うんだわ。

今おじいちゃんは「ちょいワルじじい」になって楽しそうに店に通ってる。

今までで学んだ一番重要な教訓はなんですか?

「心が折れそうな時は大体寝不足」


類語に、「機嫌が悪い時は大体空腹」もあります。